イタリア人の「好き」はしょうがないんです

よく日本人が「イタリア人が考えていることがよくわからない」、逆にイタリア人が「日本人考えていることがさっぱりわからない」と、よく(愚痴を)聞きます。とりあえずどちらに対しても「そうだよね、異文化って理解しづらいよね」と答えます。そりゃロジック(論理の組み立て方)が違うから、どうやっても分かり合えるはずがない。よく聞く事例は、日本人は予定通りにしか進められない、イタリア人は直前まで何も決まらないなどです。イタリア人的には状況は刻一刻と変化するんだから、ゴールがざっくり決まっていれば、フレキシブルに対応した方がいいよねって感じ。それを理解できず許せない人は多いようです。逆にイタリア人にも「もう二度と日本人とは働きたくない」って、言われたこともあります 笑

こういうのはお互い様です。どちらが正しいも間違いもありません。それを理解するのは異文化で3年くらい生活しないと無理だと思います。ただ「違う」ということは予め知っておいて損はない。それを納得できる例として、以下のTEDはめっちゃ面白い。

アメリカの大学教授でベラルーシ生まれのトークです。1976年生まれとは思えない美貌。日本であればは〇〇過ぎるなんちゃらってなりそうですね。彼女の研究は「言語はどのように思考に影響を与えるのか」ということ。ここで例として出てくるのは「左右」の概念がなく、「全て東西南北」で表す言語。「東の手」はクルッと反転すると「西の手」になるわけです。常に頭の中に方角が入ってます。きっと道に迷うことが少ない人種だと思われます。

最後に出てくる例は、美術館で男の人が屈んだ時に、意図せずにお尻で壺を落としてしまうシーン。英語では「He broke the base.」でも、スペイン語では「壺が壊れた。」英語では主語「誰が壊した」かを大事にし、スペイン語ではそこに意図がなければ「壺が壊れた」という表現をします。当然、イタリア語も似ているわけですが、この「意図」という観点に注目すると他の例も出てくる。例えば英語で「I like it.」、イタリア語では「Mi piace.」、スペイン語では「Me gusta.」、フランス語では「Ça me plaît.」です。英語以外は分の構造は同じで、主語があったり無かったりしますが、「それ(it)が、私に好きにさせた」と表現します。

つまりラテン人にとって、好きになるというのは内在的なものでなく、外的要因なので、自分ではどうしようもないことなのです。例えばミスが起こったとすると「Mi spiace」という表現があります。構造は上の分と全く同じで、謝ってる場合もなくはないですが、「残念です」みたいな感じになるので、時にめちゃくちゃムカつきます 笑。ちなみに本当に謝るときは別の表現あります。

私「荷物届いてないんだけど、どうなってるの?」

受付「なんかトラックが故障しちゃったらしいのよね、Mi spiace(残念だわ)」

こんな対応はザラです。日本人はならイラっとくるはず 笑 まあこれも言語の構造が思考に影響を与えていると考えれば、乗り越えられるかもしれません。

日本のサッカー人口の比率っていびつじゃない?

先日、キリンカップ決勝ボスニア戦が行われました。日本は飛車角落ち、ボスニアもPjanicを始め中心メンバーが何人かいなかったようですね。よくはわかりませんが。つまり両チームの総力or層力が問われる試合になりました。結果はご覧の通り逆転負けでした。ディフェンス面でのプレスなどはかなり良かったものの、「単純」な攻撃にやられてしまいました。ちなみにFIFAランク日本は53位でボスニアは20位。ボスニアは格上になるわけですね。

フィジカルも当然強いし、体を反転させて前を向いたり、ボールコントロールも非常に上手。つなぐサッカーも当然出来る。しかし、日本のプレスをキツイと感じた瞬間にロングボールでドン。シンプル is the ベストですね。勝つために非常に合理的です。やはりこの辺の勝利に対する柔軟さor潔さは十分に学んでいかなければですよね。試合のテンポやリズムをうまく操って、相手のバランスを微妙に崩す。ヨーロッパの中では中堅チームなボスニアですが、あの手この手を使って戦っているのが現れた試合だったと思います。

サッカーで強豪国になるためには、その「あの手この手」を使われても耐えうるだけの力がチームに必要になります。さらに、研究し尽くされてもそれを跳ね返さなければいけない。主力が抜けてもなんだかんだで勝ち上がらなければなりません。強豪ってそういうことですよね。現代サッカーにおいてまず「個のちから」ありきでFor the teamのプレーが求められます。個人的な印象では日本は逆になっている印象です。チームプレーは頭一つ切り替えれば適応していくことができますが、前者に限ってはやはり子供の頃から培った部分が大きいのではないかと思うんです。子供の頃から「あの手この手」を考えさせる、その上で自分で練習する。日本はもっと下の世代のカテゴリーの教育をサッカー協会が先導していく必要があります。あの最強のドイツでさえそうです。一時世界ランク1位になったベルギーもそうです。

ここら辺に僕は「部活主義」の限界を感じます。下のカテゴリーではお互いがライバルでいいのですが、それはあくまで教育の一環でなければならない。疲労骨折とか本末転倒なわけです。冬の選手権を人生のピークに持って行ってはならない。大半の人がそうなってしまうと反論もあるかもしれませんが、その年齢の子は成長期です。すべての人は18歳以降も成長できます。大学に行きながら、働きながらサッカーできます。イングランドのバーディーだってそうしてました。これは全く言い訳にならない。逆にそういう環境をサッカー協会が作っていくことも非常に大事なんです。高校生でサッカーをやっていた人口に対して、最も伸びる20代でプレーしている比率が低すぎます。高校サッカーで燃え尽きるのはダメ。

少し古い2006年のデータがFIFAのサイトにありました。ここでは世界のサッカー人口を見ることができます。ここに各国のサッカー協会登録者数(全体とユース)が見れます。そのデータから全体/ユースの比率を単純計算すると…

  1. ドイツ 2.94
  2. イタリア 2.75
  3. イギリス 1.85
  4. フランス 1.73
  5. 日本 1.65

意外と差がつきませんでした…しかし、ドイツとイタリアの圧倒的なおっさんどものプレー人口には驚かされますね。日本はおっさん世代のサッカー人口は当然少ないですし、まだまだ歴史が浅いので、これだけでは当然結論は出せませんが、参考にはなると思います。ちなみに過去20回のワールドカップでイタリアとドイツで4回ずつ優勝してます。イギリスとフランスは1回ずつ。先の2チームはなんだかんだでサッカー先進大国です。イタリア人のおっさん達はマジでサッカー強いっす。

ちなみにこれを書いてる時点でのガゼッタのトップはボスニア ヘルツェゴビナ代表のPjanicのユーべ移籍話。まだ確定ではありませんが、日本との試合には1ミリも触れられていません。もっともっと強くならないといけないですね。

写真は先週の土曜日にアスコリという場所でイタリア人相手にサッカーしてきた時のものです。やっぱり強い相手とサッカーやるのは楽しすぎる。おっさん達なのに勝てない。相手は走れないのに勝てない。ガタイ良くて、デブだからフィジカルで勝てない。ボールを止める、狙い通りのところに蹴る、チームでゴールにボールを運ぶ。これがサッカーの本質。

日本酒はどのように地位を確立すべきか?

中田氏が六本木でお酒のイベントをやっていますね。僕の中で彼は完全に「お酒イベント屋」なわけですが、他にも何かやっているのかな。知りたい。「日本の文化のプロになる」と言っているみたいですが、今後に期待です。コネとネームバリュー半端ないんで、個人的には世界でゴリゴリやってもらいたいです。

それでもって、今日は「お酒」の話。前回の「パン」にも通ずるところがあります。Expo中にいろんな日本酒に携わるイベントをやりました。酒蔵さんにもたくさんあって、話を聞いたり、日本酒に詳しいイタリア人もそうでない人ともたくさん話をしました。可能性がたくさんあります。でも、問題もたくさんあります。何か? 続きを読む 日本酒はどのように地位を確立すべきか?

TDLは値上げをしなくても、みんながHappyになれる。

昨日、松山がWaste Management Phoenix Open を制し、自身2勝目を飾りましたね。18番でバーディー取って、勝ったかなと思ったら、そこからのファウラーの粘りが凄かった。プレーオフも4ホール目まで決まらず。最後はファウラーがティーショットを池に入れて万事休すでした。あれだけのアウェイの雰囲気の中、プレーオフ含めノーボギーは凄い。感動。おめでとう。もっと期待しちゃう。その後のスーパーボウルは耐え切れず寝ました…zzz

続きを読む TDLは値上げをしなくても、みんながHappyになれる。

読書メモ【イタリアで福島は。】

プレミアリーグ、レスターがものすごく調子いいです。ザキオカさんが所属しているチームですね。10年ぶりの1部復帰から、2年目でプレミア制覇したらなかなかのミラクルだと思います。清原が更生するよりも僕はミラクルだと思います。本日はプレミアリーグ天王山がありました。レスター(1位)vsマンチェスターシティ(2位)。結果は3-1でレスターが勝って、勝ち点が6差になりました。これによって2位の順位が入れ替わって、2位がトッテナム、明日アーセナルが勝てばトッテナムと同率で並びます。勝ち点差は5。まだ10試合以上ありますが、アーセナルはチャンピオンズリーグ、トッテナムはヨーロッパリーグが佳境に入ってくるので、体力的に厳しくなっていきます。いや、これは熱い!期待しちゃう!ザキオカさんがんばれ!もっと注目されていい。世間は本田の評価が一転して、盛り上がってますが、ミラニスタの僕は明日のウディネーゼ戦を見に行こうか考えつつ書いてます。今は、ザキオカさんに注目すべき。

続きを読む 読書メモ【イタリアで福島は。】

日本のゴルフはカラオケのようだ。

昨日、ミラノダービーが行われました。結果ミランの3-0で完勝!! 最高に気分の良い朝でございます。3点以上の差があるのは5年ぶり。ここ最近は凡戦が多かったミラノダービーですが、昨日は楽しかった。イカルディがPK外したのがデカ過ぎた。そして、マンチーニが審判に対して怒るでぃ…最近、彼は自分を見失っているような気がするのは僕だけ?確かに昨日の審判は意味不明だったけど、どちら贔屓って感じでもなかった。インテル崩壊しましたね。vsユーべ、ミラノダービーともに0-3で完敗。

続きを読む 日本のゴルフはカラオケのようだ。

携帯料金から見る日本企業の無駄

ナポリ監督の差別発言問題、どうやら決着がついたようです。ナポリ監督サーリは2試合ベンチ入り禁止で2万ユーロ(約250万円)の罰金、マンチーニにも5000ユーロ(約63万円)の罰金です。まあ妥当な落とし所でしょうか。ただマンチーニも同じ言葉を2001年にガゼッタの記者に発言したのを各メディアが取り上げてますね。有名人は大変です。

そして、昨日はイタリア杯の準決勝ミラン-アレッサンドリア。ちなみにアレッサンドリアはレーガプロ、日本のJ3です。J3のチームが天皇杯でベスト4まで勝ち上がってきたわけで、要はミラクル起こしてます。

続きを読む 携帯料金から見る日本企業の無駄

イタリアにおける差別問題

昨日、コパイタリアの準々決勝ナポリーインテル戦が行われました。0-2で見事インテルの勝利です。セリエAでここ二戦、負け、引き分けと流れが良くなかったインテルですがリーグ首位を走るナポリに完璧に勝利しました。GKのハンダノビッチは相変わらずの安定感、長友はキーマンとなるメルテンスを完璧に抑えてましたね。攻撃陣も見事な2得点。完全にチームを取り戻しました。
続きを読む イタリアにおける差別問題

イタリア人にとって和食とは何か?

Tripadviserで「ミラノ」「日本食レストラン」と検索すると約1000件表示される。そのうち中国人だけで経営されているのがおそらく9割5分以上。そして、日本人が関わっているとされるレストランは20件程度、日本人のみでお店を回しているのは1〜2店あるかないかだろう。ちなみにミラノ県の人口は300万人、面積は1575km2、人口密度は2004人/km2(東京都1300万人、2200km2、6150人/km2 Wikipediaより)
続きを読む イタリア人にとって和食とは何か?